Home > TempAR Archive

TempAR Archive

TempAR - CWC/PSPAR形式ポインターコード1

  • Author : もっきゅもきゅ
  • 2011-06-02 (Thu)
  • TempAR Usage
05/28 初稿
06/02 CWC形式のサンプルと早見表を画像で追加。


CWC形式のポインターコードはぱっと見で分かりにくいですよね。
ポインターコードが必要なゲームばっかりでもないので触れる機会そのものが
少なく不慣れというのも一因でしょう。

(これを書き始めたのは多重ポインターのあるゲームを久しぶりに見たからで
書き方をまるっきり忘れてたのが発端ですw)

CWC形式の場合、種類とは言っても一部のフラグが変わるだけなのですが。
シングルポインターでも(8/16/32)*(正/逆)で6種類もあります。

PSPAR形式なら1種類だけ覚えればOKです。(PMEtanも同様)
多重を表現するのも繰り返すだけなので簡単です。

欠点として少しコードが長くなることが挙げられますが
自分用にさっとコードを作りたいときはPSPAR形式だと
見た目も分かりやすく、メンテナンスしやすいのでおすすめです。

実アドレス表記というハードルがありますが、使っているうちに慣れますし
PSPLINKで解析する際は実アドレスしか使えないので何かと都合がいいのです。

他人に公開したいのであればその時にCWC形式に変換すればいいので
試してみてはどうでしょうか。

とはいってもポインターコード生成ツールを使う人が大半だと
思うのであまり出番は無いかも。orz





Continue reading

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR 1.63 Beta 20110521 (0524-2111/0525-1435)



raing3's website (gshi.org)

raing3's website (cz.cc)


日付表示が20110521ですが中身が0524/0525に更新されています。
変更点告知が無いのでマイナーバグフィックスだと思われます。
バグを見つけた方はコメントでお知らせください。



TempAR - 色定義ファイル

  • Author : もっきゅもきゅ
  • 2011-05-25 (Wed)
  • TempAR Usage

TempAR1.63betaの少し前のバージョンアップで画面配色変更用
定義ファイルが2つ更新されました。
その定義ファイルを含めた適用時の画面サンプルを掲載してみました。

デフォルトから変えたことが無いという方は画像を参考に別の色を
試してみてはどうでしょうか~。



[PRX]タブから『Load color file』を選び、←→で数字を変更して×ボタンを押す。
気に入った色があったら適用した状態で『Save Setting』を押し、設定を保存する。



Continue reading

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR 1.63 Beta 20110521 (20110523-1530)



raing3's website (gshi.org)

raing3's website (cz.cc)

日付表示が20110521ですが0523に更新されています。
チートファイルが正常に読み込めないor表示出来ないバグがあるっぽいです。
(20110523-2042で修正されています。)


[?] Pressing LTRIGGER in cheat menu now toggles cheat engine 
between active/deactive.
■[Cheat]メニュー(コード選択画面)でLボタンを押すと
 コード全体の有効/無効を切り替えられるようにした。

 PMEtanを使っている人にはおなじみの動作です。


[?] Rewrote function used to get home screen frame buffer.
Should now work with homebrew which doesn't use
the Sony exit screen and no longer has to allocate
RAM for custom framebuffer in PSX games.
■フレームバッファを取得する関数を書き換えた。
 これにより(中略)一部の特殊なPSXのゲーム上で
 homebrewが正しく動くようになるだろう(?)


[?] also allocating cheats/blocks in Slim memory was removed
because it seems to not work on some firmwares (5.00 M33)
■20110516での拡張部分のslimなPSP(PSP-2000以降)での拡張メモリ
 にチートファイルをロードする機能は削除した。 
 いくつかのCFWで動作しないようなので。(5.00 M33など)


[?] 0xC4 code type was moved to main PSPAR engine.
■0xC4コードタイプをメインのPSPARエンジンに移動した。(_M)


[?] The new method for finding the home screen frame buffer
means no quick flicker on game boot as with 1.62.
Hopefully there won't be any problems with it, I tested
it on: 4.01 M33, 5.00 M33, 6.20 PRO and 6.38 ME.
■ホームスクリーンバッファの新しい取得方法では
 1.62と同様にゲーム起動時のフリッカーが出ない。
 何も問題が発生しないことを願う。私は下記の環境でテスト済みである。
 4.01 M33, 5.00 M33, 6.20 PRO, 6.38 ME



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR 1.63 Beta 20110521


raing3's website (gshi.org)

raing3's website (cz.cc)

またもや更新です。間隔が短いですね。
まだ実際に扱ってないのでコードの働きがよく分かりませんです。
0xC1-0xC5コードは以下の機能の移植なのかな?
0xC*コードタイプの頭のCはCustomということか。
Nitro Hax
いずれにせよプログラマブルなコードでとっつきにくいかも。

分かりやすいトピックは『サーチ結果の□押しでCWCheat形式でコード追加』ですかね。
これで使いやすさが大幅アップ。機能自体は少し前のバージョンで実装されていますが、
changes.txtに書かれたのは今回が初めて。


[+] Added 0xC1 code type (call function with arguments)
  to PSPAR extended engine.
■0xC1コードタイプをPSPAR拡張エンジンに(ラインタイプ=_N)追加した。
 0xC1は引数付きで関数を呼ぶ機能です。

_C0 0xC1 test code
_N 0xC1000003 0x01234567 アドレス0x01234567の関数を引数3つで呼び出す。
_N 0x00000064 0x000003E8 r0=0x00000064 r1=0x000003E8
_N 0x0000270F 0x00000000 r2=0x0000270F

[+] Added 0xC4 code type (safe data store) to PSPAR extended engine.
  Depending on usage this code type could interfere with auto-off feature.
■0xC4コードタイプをPSPAR拡張エンジンに(ラインタイプ=_N)追加した。
 このコードタイプを使った場合はauto-off機能に干渉します。

[+] Added 0xC5 code type (counter) to PSPAR extended engine.
■0xC5コードタイプをPSPAR拡張エンジンに(ラインタイプ=_N)追加した。

 NitoroHax方式の場合)
 excecuteでカウンタに+1加算する。
 カウンタ値と、指定の値を比較して==ならtrue !=ならfalseを
 excecute statusにセット。

[+] Can add search results in CWCheat format by pressing SQUARE
  on the search result instead of CROSS.
サーチ機能から追加する際に、×の代わりに□を
 押すことにより CWCheat形式で追加することが可能に。


※CWCheat形式に慣れていてTempARで困るのはサーチから追加する際に
 PSPAR形式でしか追加出来なかったことでしょう。
 これで今まで敬遠していた人も使いやすく。

[?] PSPAR/PSPAR extended cheats MUST be in "real addressing",
  using fake addressing won't work properly anymore.
■PSPAR(_M)/PSPAR extended(_N)形式では、リアルアドレスを
 使用しなくてはならない。仮想アドレスでは動かないだろう。

  This was done to
  (a) make some of the new code types possible and
  (b) force people to make PSPAR codes properly so
    they will work on the official PSPAR.
■これは以下の為である。
 (a) 新しいコードタイプが動くようにするため
 (b) 公式PSPARで動くコードをみなさんに作ってもらうため



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR - 0xC2 でカメラ操作コード

  • Author : もっきゅもきゅ
  • 2011-05-21 (Sat)
  • TempAR Usage

TempAR 1.63に搭載された0xC2コードタイプを使用して
実際にカメラ操作コードを作ってみる。

ワークで操作するだけなので可動範囲が設定されていれば
その範囲内でしか動かすことは出来ない。

制限解除は別の話。


Continue reading

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR - 0xC2 with パッドコード

  • Author : もっきゅもきゅ
  • 2011-05-21 (Sat)
  • TempAR Usage

TempAR 1.63 Betaにユーザーコードを走らせることが出来る
0xC2コードタイプが追加されたので早速使ってみた。

CWCheatジョーカー(パッド)コード+0xC2で走らせることが出来たら
カメラ関数にフックしなくてもカメラ座標だけを書き換えるだけで
流用可能な汎用カメラ操作コードが出来るのではないかと期待して
いたが、やっぱりラインタイプ(_L _M _N)を複数同時使うのは無理が
あったようだ。
(注:v1.62から最後の行のラインタイプをコード全体に反映するように
仕様が変更されたらしい。TempAR作者に突っ込まれました。)



コード作成前のイメージとしてはこんな感じ。
_L 0xD0000001 0x10000008 STARTを押下時2行実行
_N 0xC2000000 0x00000008 コード宣言 8byte
_N 0x******** 0x******** 実行部分


PSPAR jokerも試してみる。
_M 0x9A000000 0x00000008 STARTを押下時コード実行しつつ下へ進む。
_N 0xC2000000 0x00000008 コード宣言 8byte
_N 0x******** 0x******** 実行部分
_M 0xD2000000 0x00000000 条件判定ブロック終端


全く動く気配が無い。やっぱりダメか?…
ダメ元でTerminator行(0xD2)の_Mを_Nに変えてみたら動いた。
全部Nにしても動くようだ。そこまで戻す必要は無いのだが。
となるとこの場合における_Mと_Nの違いは、オフセットアドレスだけか。



TempAR 1.62からの変更で、コード最終行のline typeを全体に反映する仕様とは?
_C0 3 line types complex test
_L 0xD0000002 0x10000008 スタートボタンを押下時3行実行
_N 0xC2000000 0x00000008 コード宣言 8byte
_N 0x******** 0x******** 実行部分
_M 0xD2000000 0x00000000 条件判定ブロック終端

このようなコードをTempARはどのように解釈するか。
_L 1行目
_N 2-3行目
_M 4行目

最終行のline typeのみを拾うとのことなので次のように解釈される。

_M 1行目
_M 2-3行目
_M 4行目

エンジンが違ってもcode typeが偶々重なれば別の動作として動く行もあるかもしれないが
たいていの場合全く動かないか、予期しない動作が発生するはず。

結論は、1コードは1種類のline typeで完結する必要があるということ。
CWCheat形式ならCWCheat形式で最後まで_Lを使用。
PSPAR形式ならPSPAR形式で最後まで_Mを使用。
PSPAR-EXTENDED形式ならPSPAR-EXTENDED形式で最後まで_Nを使用。
1コード中に他の形式を混ぜてはいけない。
これはあくまでも1コード内の制約で有り、コード毎に独立しているので
他のコードを別形式にして同時に複数の種類を動かしても問題ない。

0xC2とパッドコードを併用したい場合には、CWCheat形式のジョーカーコードでは無く
PSPAR形式のジョーカーコードを使う必要がある。



Continue reading

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR 1.63 Beta 20110516 (fixed2)


raing3's website (gshi.org)

raing3's website (cz.cc)


相変わらず20110516から日付表記は変わっていません。
タイムスタンプが最新に置き換わっているのは
tempar.prxとtempar_lite.prxです。

_C1が設定されたチートファイルを読み込んだ際に
状態正しく反映されるようにバグ修正したみたいです。

いつからか分かりませんが、
サーチ結果 [Search Results]から単体および全体でコードを追加する際に
□押しでCWCheat形式で追加出来る機能が実装されてます。
(下のガイドにはまだ×しか表示れていません)
CWCheat形式で扱いたい人には嬉しい機能ですね。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR 1.63 Beta 20110516 (fixed)


raing3's website (gshi.org)

raing3's website (cz.cc)


20110516から日付表記は変わっていません。
タイムスタンプが20110520に変わっているのはtempar.prxとtempar_lite.prxとtest.db。
チートファイル保存時にファイル名がnull(空)になるバグを修正したみたいです。

その代わりにバグが1つ。
特定のコードを有効にして_C1の状態でファイルを保存した後、
ファイルを読み込んでも、_C1であるにも関わらずコードが有効になっていない。
フラグは[N]で、フォントカラーも通常。実際にコードの効果が無し。
ON/OFFをやり直せば、正しい状態になります。


v1.63は実際にメモリの使用量が減ってるみたいですね。
1.62-3に比べて46KBほどメモリ使用量が減ってます。
CMFに次ぐ省メモリ。(CMFの方が更に31KB少ない)
CMFは2バイトフォントを使っているのにも関わらず少ない。
プログラムが小さいのか、それともデータ構造の差か。

なんかDOSのメインメモリ空き容量(そしてconfig.sysカスタマイズ)の話をしているようだ。




  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR 1.63 Beta 20110516


raing3's website (gshi)

raing3's website (cz.cc)




TempAR 1.63 Beta 20110516 バージョン。
前回20110511との差異のみ記載します。
(5/17 0xC2コードタイプに関する記述を間違えていたので修正しました。)

Continue reading

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR - tempar_autooff.prxの使い方

  • Author : もっきゅもきゅ
  • 2011-05-16 (Mon)
  • TempAR Usage

『tempar_autooff.prx 使い方』での検索アクセスがあるようなので書いておく。

TempAR 1.61で新規実装されたtempar_autooff.prxの使い方について。
(TempAR 1.63 Beta 20110516 ver で本体に統合されました。→ TempAR 1.63 Beta)


3つのprxの機能的使い分け

◆tempar.prx      → 通常版
◆tempar_autooff.prx  → 通常版-いくつか機能削除+コード復元機能
◇tempar_lite.prx   → POPS用

tempar.prxとtempar_autooff.prxは同時に使えません(排他利用)。
同時にONにした場合はgame.txtの上にあるものが優先されます。

tempar_autooff.prxはtempar_lite.prxをベースに幾つかの機能が削除されています
とは言っても、一般の人には関係無い機能なのでコード使用には支障ありません。
関係があるのはスクリーンショット撮影機能くらい?
ファイル名の通り、コード復元機能を擁しています。

復元機能

×でコードをOFFにするだけで、そのコードが書き換える前の数値に自動的に復元します。
復元するタイミングは即時ですが、コードに条件分岐が含まれる場合は条件分岐が影響します。

使い道として、プログラムコードを復元したい場合などが想定されます。
プログラムが同じアドレスに同じ内容のプログラムを複数回ロードする
ことは普通無いのでプログラムコードを元に戻したい場合はゲームを
リセットするしか方法がありませんでした。(若しくは復元用コードを用意するか。)
tempar_autooff.prxを使えばリセットの必要がありません。

注意点としては、復元タイミングとゲームのプログラムの判定の仕方により
ゲームが進まない現象などが発生することがあります。

例) 
1.敵(もしくは自分)のHPを0にするコードを有効にする
2.敵のHPが0になる
3.コードを無効にする。敵の体力が元に戻る。
4.死亡判定で永久ループ。
5.ループ中にHP0にして正常復帰可能な場合もある。




  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

小嶋陽菜は1回2発…じゃなくて、TempAR 1.63 Beta


Betaは扱ってないんですが、一応。
1.6xはメモリ使用量削減に関する項目が多いですね。

Changes in v1.63

[+] User can now change the many number of
cheats/code lines which can be loaded.
■チートをロードする際のコード数をユーザーが
設定出来るようにした。
▽通常はデータ構造体の上限数を固定でメモリ確保
しているところを、変更可能にすることによりメモリ
の使用量を減らし、プラグイン併用環境でも安定動作
させるための処置だと思われる。

[+] Added support for loading codes from PSPAR .bin
files (checksum not validated).
■PSPAR.bin形式のファイル読み込みをサポート。
(だだしチェックサムは有効では無い)

[+] Added support for loading codes from NitePR .txt
files (convered to PSPAR on load).
■NitePR形式のファイル読み込みをサポート。
(読み込み時にPSPAR形式に変換します)

[-] Removed thread list and module list from
lite/autooff versions to reduce size.
■サイズ削減のため、AutoOffとLiteバージョンから
スレッドリストとモジュールリストを削除した。

[-] Removed copy to text file from Disassembler.
■ディスアセンブラから、copy to text fileメニューを削除した。
▽Copy to new cheatで代用可能ですし、そもそも
ディスアセンブラを使うような人はPSPLINKで
ダンプしていると思いマス。

[?] Temporary data buffers are only allocated
when needed to reduce memory usage.
■メモリ使用量削減の為、テンポラリのバッファ(メモリ)確保を
必要時のみに行うようにした。
▽コード使用がメインでサーチをしない人の場合、
バッファ確保は不要ですしね。

[?] Rewrote cheat file parser, now it is ~1/3 faster.
Old Parser: 57.2MB / ~43 seconds.
New Parser: 57.2MB / ~30 seconds.
■チートファイルパーサー(データを読み込んで解析し、プログラムが
利用する形式に変換するプログラム)を高速化した。




  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR - PSPAR形式 0xCF コードタイプ

  • Author : もっきゅもきゅ
  • 2011-05-05 (Thu)
  • TempAR Usage


フォルダー化して、畳んだ状態。()内の数のアイテムを収納している。


『TempAR コード まとめるやり方』でサーチしてアクセスしている方が
いるようなので書いてみました。

TempARで使えるPAPARコード形式で、0xCFというコードタイプがあります。
書き込みや比較や条件判定といったメモリに関与するような効果は無く、
コードをフォルダー化する働きのみが有り、コードのON/OFFの利便性に貢献します。

不要であれば、何も考えずに0xCF行を削除するだけです
削除することで不都合が生じることはありません。

フォルダー化するとすっきりして使いやすくなると思いますので
試してみてはいかがでしょうか。


Continue reading

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR 1.62-3



raing3's Website

TempAR 1.62-3の変更箇所について更新履歴(changes.txt)に何も書かれていません。

作者の掲示板を読む限りは、Prometheus ISO Loader MOD版を使用した場合に
そのModuleをTempARのBlacklistが正常に検知しない不具合の修正みたいです。



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

PMEtan v1.41 + TempAR 1.62-2

raing'3 Website
raing'3 Website

TempAR 1.62-2
Updated to 1.62, main changes include:
1.62アップデートの主な変更点

[+] Changed default menu key to HOME + RTRIGGER
(the same as the official PSPAR).
■デフォルトのメニューキーを[HOME+R]に変更した。(公式PSPARと同じ)

[+] No longer need to press HOME twice to start using TempAR.
Home menu is also restored to its default appearance
when the cheat menu is closed.
■[HOME]2回押しが不要になった。

[!] Fixed a off by one error with the toggling
of cheats in a radio folder.
■AR形式コードタイプ0xCFでフォルダーのコードをトグル(ON/OFF)する際の
バグを修正した。

[!] Fixed a bug with the CWCheat multi-write pointer code type.
■CWC形式多重ポインターバグ修正。

[!] Fixed some bugs where codes where not disabled correctly
with tempar_autooff.prx.
■tempar_autooff.prx(復元機能)で正しく無効化されないバグ修正。

[!] Fixed single character Japanese text not being loaded correctly
for text viewer/cheats.
■text viewerやcheatで日本語の文字が正しく読み込まれないバグ修正。

[!] Fixed blue screen on resume if menu was open
when the PSP went into standby mode on 6.20+.
■FW6.20でスリープから復帰する際に発生するブルースクリーンのバグ修正。

[!] Other minor bug fixes and changes.
■その他マイナーなバグフィックス+変更。

[?] tempar_autooff.prx is now based off of tempar_lite.prx
which has some features removed to help reduce memory usage.
■tempar_autooff.prxはtempar_lite.prxからメモリ使用量削減のためいくつかの
機能を削除したものであるが、おかげでだんだん別物になりつつある。

Rewrote how cheats are handled to make it more easily extendable
and also reduce memory usage a little.
■チート機能がどうすればより使いやすく、またメモリ使用量を減少させられるか、
(プログラムを)書き換えた。

Hopefully there aren't any serious bugs. :S
■願わくば、重大なバグがありませんように。

トピックは起動キーデフォルト設定変更とHOME2回押し不要。
バグ修正メインなアップデート。



14.4kbps.com

PMEtan v1.41
サーチ範囲変更の階層を一つ上へ
値の範囲指定を追加
初回Unknown用ダンプにサーチ範囲を適用してダンプ時間短縮
AddressMonitorを4連装
WildAssistにallを追加

値の範囲指定が大幅強化でTempARやCMFと同等に。
ワイルドカードが使える分PMEtanにアドバンテージありかな。
残るTempARのアドバンテージはのサブメニューのコピー機能と、
文字色変更機能だと思います。
無くても一応我慢できる機能ではありますね。
でも値範囲指定は無いと検索効率がまるで違う。
今回の機能追加実装でPMEtanに死角が無くなりましたね。
素敵すぎだわ。



  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR 1.61


TempAR 1.61が公開されてます。

raing3 wrote :

Updated to 1.61, main changes include:
■1.61の主な変更点

[+] Fixed value search speed is almost twice as fast.
■固定サーチの速度が約2倍に高速化。

[+] Added tempar_autooff.prx.
This plugin will revert normal 8/16/32-bit constant write codes
to their original values when the cheat is deactivated.
This is so ASM codes don't require a separate off code.
If the constant write codes are within a conditional
or are influenced by another code type their values
will not be restored.
■プラグインtempar_autooff.prx を追加した。
このプラグインはチートを無効化した時に、
8/16/32での通常書き込みでオリジナルの値へ復元します。
これで復元用のASMコードを別途用意する必要がなくなります。
通常書き込みが条件判定コード(CWCだと0xDや0xE、ARだと0x3~0xA)の
支配下にある場合や、ほかのコードに影響される場合は復元されません。

[!] Fixed some random bugs.
■いくつかのバグを修正した。


筆者は現在出先のためまだ使用していません。

HAROさんがもうバグ報告しているようです。
tempar_autooff.prx にバグがあるようで、
□ボタンでの常時チート有効から×ボタンでの
チート有効状態へ移行させたコードで
数値が復元されないらしいです。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempARたん

  • Author : もっきゅもきゅ
  • 2011-03-22 (Tue)
  • TempAR Usage

TempARの使い方前編・後編とPSPlinkコマンド表をとりあえず書き終えました。
TempARがとても使いやすく気に入ったので布教活動みたいなつもりで書きました。
TempARの使用者が増えると嬉しいな。

記事の反省としては…
初めて触る人や英語が苦手の人にもなるべく分かりやすいように画像を多めに配置しました。
画像が多すぎて記事が長く伸びているせいで、ある程度慣れている人には長ったらしく
冗長であるとは自覚しています。シンプルなのはwikiに任せたっ。

後編はサーチのサンプルに悩みました。
PSPLinkは初心者向きではありませんが、前項と連続した内容を扱うことで
ステップアップ出来るように配慮したつもりです。
でもデバッガを触ったことが無い人にはちょっと厳しいかな…
WindowsマシンがあるならCheatEngineのデバッガのように機能が絞られているもので
チュートリアル(英語)を行い、基礎を習得しておくと理解が楽になるので触ってみてください、
としか言えないですね。
(スペシャルねこまんまのサンプル=チュートリアルでもいいですね)

サーチ例はあれで良かったのかな。
・所持金…固定値でサーチ出来るデータの代表として。最初の入り口ですね。
・フラグ…数値が見えないが固定値サーチ可能な場合があることを書きたかった。
・斬れ味…数値が見えないデータで変動サーチの出番ですね。
・体力 …ポインターアドレスの探し方ですね。昔はデバッガで遡ってベースアドレスを
     探して、とやっていましたが今はツールで一発…便利だわー
・無敵化…解析不要でサーチで可能な範囲の無敵の例。

他に考えていたのは、モンハンの攻撃力。
表示されている数字をサーチしても見つかるのは表示用のアドレスであり
内部は違う数字で管理されているので解析が前提ですし、
左シフトで○○n倍とかゲーム内時間操作とか高速化まで踏み込むと
既にTempARと全く関係が無くなっているわけで
そもそもTempARの使い方であってゲーム解析講座をするつもりはありませんしね。

まあ、書き始めた当初の予想より内容を濃くすることが出来たのでおおむね満足しています。


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR 1.59/1.62/1.63 の使い方 【後編】 rev 10


TempAR 1.59/1.62/1.63 の使い方【前編】 の続きです。
このエントリーでは、【サーチ】 に関して取り扱います。





Continue reading

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR 1.60


ツール紹介ブログなんて目指してませんが、
自分が使ってるツールなんで書いておきまする。


TempARが1.60にバージョンアップしてますた。
公式サイト:【raing3's Website

早速使ってみました。
旧 [Search Range] → 新 [Search Setting]で
正常なアドレスが入力出来なくなるバグがありますね。
Decoderで表示出来るOPコードの種類が増えてたような…
c.lt.sなどの浮動小数点比較とかmov.sとか。
目立ったバグが無くなるまでは様子見かな。

Updated to 1.60, main changes include:

[+] Added option to change how many search results can be found
before the search is terminated.
Using the default will cause TempAR to find all results.

ヒット件数制限(Max Results)が追加されました。
設定した数値に到達するとサーチが中止されます。
デフォルト(0000000000)では中止しません。(意訳)

[+] Added support for FreeCheat patch files.
Only one patch file can be used per game and should be placed
in ms0:/seplugins/TempAR/patch/{game-id}.pat.
Then select "Load Memory Patch" from the PRX tab.

FreeCheatパッチのサポートが追加されました。
1つのゲームに付き、1つのパッチが使用出来ます。
ファイルを置く場所は、ms0:/seplugins/TempAR/patch/ です。
ファイル形式は Game ID.pat。
PRXのLoad Memory Patchから実行出来ます。

Also other minor changes and bug fixes
(probably introduced some new bugs as well :P).
Please report any issues.

その他にも変更点とバグフィックス有り。
(新たにいくつかのバグも発生しているかもね。笑)
リポートしてねん。

6 hours ago



掲示板の作者の自画像?アイコンが宮川大輔に似てるような。 :P


  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TempAR 1.59/1.62/1.63 の使い方 【前編】 rev 14


この記事には続きがあります。
TempAR 1.59 の使い方 【後編】


筆者はPSP-3000ユーザーです。(負け組)
HEN導入+PSP用のチートプラグイン(プロセスメモリエディタ)を使い始めてから
わずか20日足らずの初心者ですが、『 TempAR 』が気に入りましたので
逐次追記する形で、使い方について簡単にこのエントリーに書いてみたいと思います。

なお、PSP-1000/2000/go、CFWについて詳しいわけではないので
プラグインの導入方法そのものについては割愛します。





Continue reading

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > TempAR Archive

Return to page top