Home > スポンサー広告 > FF14 - 設定ファイルの保存場所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > FF14 - 設定ファイルの保存場所

Home > FFXIV コンフィグ > FF14 - 設定ファイルの保存場所

FF14 - 設定ファイルの保存場所

FFXIV Configで設定したファイルがどこに保存されるかメモ。
UI上で設定切り替えを何度もやっている内に面倒くさくなったのでファイルを探しました。
ただの備忘録です。
何に使うか目的が分からない人は触らない方が無難です。


FINAL FANTASY XIV Config
パス My Document\My Games\FINAL FANTASY XIV\
環境設定 config.sys
ゲームパッド設定 config.pad
言語設定 config.lng



ゲーム内コンフィグ
パス My Document\My Games\FINAL FANTASY XIV\user\00000000\00000000_%アカウント名%.cnf
アカウントが1つの場合はファイルが1つしか存在しません。
複数のアカウントを持っている場合は複数のファイルが存在します。


ウィジェット配置座標
パス My Document\My Games\FINAL FANTASY XIV\user\%キャラクターID%\ui (拡張子無しファイル)


マクロ設定
パス My Document\My Games\FINAL FANTASY XIV\user\%キャラクターID%\mcr0 (拡張子無しファイル)


ログ
パス My Document\My Games\FINAL FANTASY XIV\user\%キャラクターID%\log\XXXXXXXX.log


キャラクターの簡単な見分け方。

準備として、外部のマクロエディタを使えるようにしておきます。

FF14 MacroEditor | Little My Space* in FF14



マクロ画面



ゲーム内で、適当な場所にマクロを設定します。
分かりやすいように、キャラクター名を入れておきましょう。
複数キャラがいる場合は、アイコンを設定すると、さらに見つけやすくて良いですね。




マクロエディタ画面1



キャラクターをログオフさせて、マクロエディタでファイルを開き
目的のキャラのマクロが書かれている箇所を探します。




マクロエディタ画面2



場所が分かったら、サーバー名と、キャラ名に、分かりやすく設定しておきます。
上記の例では、【016FC90F】がキャラクターのIDです。
適当なテキストにキャラ名とIDの関係を貼り付けておきます。

後はキャラクターIDのフォルダを探すだけです。



Process Monitor等のファイルI/O監視ソフトを使って、WriteFile()を探せば一発ですが、
誰でも出来る方法で。
xcopyなどでコピーのパッチファイルを作っておけば、一部の人には便利かも知れません。



関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > FFXIV コンフィグ > FF14 - 設定ファイルの保存場所

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。