Home > スポンサー広告 > FF14 - ATOK用辞書3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > FF14 - ATOK用辞書3

Home > FFXIV 小ネタ > FF14 - ATOK用辞書3

FF14 - ATOK用辞書3


FF11では【にらかな】や【Comfort Vana'diel life】などの辞書にお世話になりました。

FF14にも有志の辞書が存在します。
ただ、IME版は問題なく登録できますが、ATOK版はうまく登録できないので
自分用に書き換えて使っています。
その方法です。




読みに不適切な文字が含まれています



ATOKのヘルプより

読みが長すぎます 32文字以内で入力します
読みは全角・半角を問わず32文字以内で入力します。
ただし、全角文字の場合、濁点・半濁点を含む文字は2文字と数えます。

読みの先頭文字が不適切です
読みの先頭に ー ゛ ゜ は使用できません。

読みに不適切な文字が含まれています
読みに使用できるのは、ひらがな、全角・半角のカタカナ・アルファベット・数字・
記号(#$%&*+-/:;<=>@¥_・ ’ ^ ~ `~)です。
スペース、漢字は使用できません。

単語が長すぎます 100文字以内で入力します
単語は全角・半角を問わず100文字以内で入力します。

※サロゲートペアで表現される文字は、2文字と数えます。
単語に不適切な文字が含まれています
単語は漢字・ひらがな、全角・半角のカタカナ・アルファベット・数字・記号を使って入力します。


問題は、読みに不適切な文字が含まれています というところにあるので
テキストファイルを書き換えます。


手順



1.FF14用辞書の単語テキストファイルをテキストエディタで開きます。

2.○○○!や○○○?形式の単語は、最後の記号でエラーになるので、これを適当な文字で置換します。

3.たとえば、「!→#」「?→%」に置換します。

4.ATOK→辞書メンテナンス→辞書ユーティリティー起動。


ATOK1




5.ファイル→新規作成。
  手順5~6は、辞書ファイルを別途新規作成する場合です。
  ユーザー辞書に直接取り込むよりも、メンテナンスが楽ですので新規作成した方がいいでしょう。


ATOK2




6.辞書ファイル名などをお好みで入力して、OKを押します。
  説明には、辞書ファイルの簡単な説明を入れます。
  コピーライトには、単語ファイルを作成した作者さんの名前を入れましょう。


ATOK3




7.ツール→ファイルから登録・削除。


ATOK4




8.単語一括処理タブの単語ファイルのファイル名欄に、FF14用辞書のテキストファイルを指定します。


ATOK5




9.登録ボタンを押して、登録できた単語数を確認します。
  『登録できなかった単語数』数が0の時は、辞書作成完了です。手順15へ飛びます。


ATOK7




10.『登録できなかった単語』数が1以上の時は、エラーとなった単語があります。


ATOK6




11.『登録できなかった単語』を特定するために、8で『出力ファイル』を実施します。


ATOK8




12.出力されたファイルをテキストエディタで開いて内容を確認します。
  『読みに不適切な文字が含まれている』エラーが出ている行に、使用不可文字『』があります。
   辞書ファイル用のテキストファイル上のこの文字を置換して、ファイルを保存します。


ATOK9




13.登録した単語を一旦、全部削除します。
   削除しておかないと、再登録する際に重複登録エラーが発生し、
   『不適切な文字』エラーとのエラー箇所を切り分けするのに手間がかかってしまいます。

   この削除作業は、辞書ファイルを新規作成していると簡単ですが
   ユーザー辞書に追加で登録した場合は、面倒なことになります。   


ATOK10





14.手順8に戻ってやり直します。


15.環境設定に入ります。


ATOK11




16.完成した辞書で変換出来るように、標準辞書セットに追加します。
   スペースで変換したいならば、自分が使用している辞書セット(この場合は標準)
   を選択した状態で『辞書の追加・削除』ボタンを押します。

   (この他、未使用の辞書セットに辞書を登録して、キーバインドをセットし、
   呼び出す方法などもあります。)


ATOK12




17.『追加可能な辞書の一覧』側に、作成した辞書が表示されています。
    追加を押してOKを押せば、完了です。


ATOK13




FF14上では、変換候補や推測変換候補などのウィンドウが一切表示されず
本来のATOKのパフォーマンスが全く発揮出来ません。

FF14上では我慢してMS-IMEを使うというのもひとつの手かも知れません。
それでも私はATOKを使いますがw






関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > FFXIV 小ネタ > FF14 - ATOK用辞書3

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。