Home > スポンサー広告 > FF14 - 標準スクリーンショット撮影機能のJPEGの画質

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > FF14 - 標準スクリーンショット撮影機能のJPEGの画質

Home > FFXIV SS撮影方法 > FF14 - 標準スクリーンショット撮影機能のJPEGの画質

FF14 - 標準スクリーンショット撮影機能のJPEGの画質


これからFF14でスクリーンショット撮影を始める方で、
『JPEGと他の形式の画質の違いって?』という方向けの内容です。



FF14に標準で備わっているスクリーンショット撮影機能(ScrollLock+PrintScreen)は
ファイル出力がJPEG固定になっています。
他の方式で出力する方法が用意されていません。

外部のスクリーンショット撮影ソフトだと、JPEGの他、
BMPやPNGなどの画質が劣化しない可逆圧縮方式が選択できます。
中間出力として可逆圧縮(BMP/PNG等)を使い、最終出力として
劣化があるが容量が小さくなる不可逆(JPEG等)で出力することも可能です。

では、標準SS撮影機能のJPEG画質はどれくらいでしょうか。



標準SS機能_等倍
こちらは標準SS撮影機能で撮影したJPEG画像(実寸100%)です
ただしJPEGロスレスの切り抜きでは無く、普通に切り抜いた画像をPNG化しています。
拡張子がpngなのはその為です。



外部SSソフト_等倍
こちらは外部のSS撮影ソフトで撮影したPNG画像(実寸100%)です



一見しただけでは、どちらが標準SS撮影機能の画像なのか分かりません。
ブログに拡大せずにそのまま貼り付けるだけなら十分な画質だと思います。

拡大したり、素材として使う場合はどうでしょうか。
画像を拡大して画質を確かめてみることにします。




JPEGの劣化の要因たるDCTやらカラーサブサンプリングの話を書いても仕方がないので
実際の画像がどれくらい違うのかに焦点を当てて進めていきます。



標準SS機能_4倍
こちらは標準SS撮影機能で撮影したJPEG画像(拡大400%)です
クリックすると大きな画像で開きます。

赤い矢印の先にあるのがJPEGに起因する劣化の箇所です。
JPEGの場合、複雑な模様の場所では劣化がわかりにくいですが
単色/なだらかなグラデーションがある程度広い範囲に連続している場合や、
赤い色の部分で劣化が目立つようになります。
また境界で色が大きく変化するような場所に発生するもやもや(モスキートノイズ)が発生します。

この画像の場合、ハチェットのグレー部分や、肌の部分、肌の暗い部分で多くノイズが発生しています。


外部SSソフト_4倍
こちらは外部のSS撮影ソフトで撮影したPNG画像(拡大400%)です
クリックすると大きな画像で開きます。

無劣化なので当然JPEGのような劣化はありません。
ただ、可逆圧縮なのでファイルサイズが巨大です。



外部のSS撮影ソフトには一般的に以下の3つの画像フォーマットが用意されています。
『JPEG』『BMP』『PNG』

そのほかに、『TIFF』『JPEG2000』『GIF』などが用意されている場合がありますが
あまり出番はないでしょう、


それぞれの違いを簡単にまとめると、次のようになります。
自分の目的にあった形式を選択しましょう。


形式 劣化 保存速度 容量 用途
JPEG 有り 標準 ブログ掲載/一定間隔撮影用など。汎用。
BMP 無し 速い 巨大 モーション高速撮影用など。長期保存には向かない。
PNG 無し 遅い 中間出力/素材/綺麗に撮りたい/圧縮しやすい単純な図形など用。




関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > FFXIV SS撮影方法 > FF14 - 標準スクリーンショット撮影機能のJPEGの画質

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。