Home > スポンサー広告 > Windows7 64bit メモリ4GB超え環境でMonsterX2を使用する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > Windows7 64bit メモリ4GB超え環境でMonsterX2を使用する。

Home > 日記 > Windows7 64bit メモリ4GB超え環境でMonsterX2を使用する。

Windows7 64bit メモリ4GB超え環境でMonsterX2を使用する。


Monster X2 4GBトラブル回避



MonsterX2が届きました。その後。】の続きです。

4GB超環境の場合の対処方法は、公式でアナウンスされているようです。
64bitOSにて4GBを超えるメモリを搭載したPC環境でのご利用について

bcdeditでメモリを4GBに制限せずにMonsterX2でキャプチャする方法です。
前回さらっと流したのをスクリーンショットを交えて説明した文章です。
たいしたことはしていません。

キャプチャーボードは環境に依存するので、
同じ方法を採っても他人の環境で映るかどうかは分かりません。

準備1


・Monster X2 キャプチャボード
SKNET Monster X2[アプリケーション]Ver3.0.12501.1(β版)
SKNET Monster X2等[ユーティリティ]Ver1.0.13118.1
SKNET Monster X2[ドライバ]Ver1.1.19.0
(自分の環境で確認が取れたバージョンを記しました。
他のバージョンについては分かりません)

準備2


・いずれかのDirectShowキャプチャーソフト
・アマレコTV v2.00a
・MxCapture v1.33 (+hunuaacap)
・hunuaacap 2.5.6.3
・あかねキャプチャー ver1.29

手順



step 0



MonsterX2_4GB_00

公式のMonsterXユーティリティを立ち上げます。
製品で【Monxter X2】を選択します。
ビデオソースは、【使用したい端子】を選択します。
終了ボタンを押します。

この作業は、ユーティリティインストール後の最初の起動時のみ行います。
後は設定を変更しない限り起動する必要はありません。


step 1



MonsterX2_4GB_01

キャプチャーソフトを立ち上げます。

キャプチャーソフト上で延々と信号検出中になっており、プレビューできない状態です。
キャプチャーソフトは終了させた状態で次に進みます。
step 1は映らないのを確認しただけであり、この作業自体は不要です。


step 2



MonsterX2_4GB_02

公式MonsterX アプリケーションを立ち上げます。
『映像信号が検出されません』とか抜かしやがります。


step 3



MonsterX2_4GB_03

使用したい端子のもう一つの端子に切り替えます。
D端子を使用するなら、HDMI切り替えボタンを押してHDMIに切り替えます。


step 4



MonsterX2_4GB_04

使用したい端子に切り替えます。
切り替えたら公式Monster X アプリケーションを終了します。


step 5



MonsterX2_4GB_05

キャプチャーソフトを立ち上げます。
プレビューが映るようになりました。色がおかしいですね。(オーバーレイ?)


step 6



MonsterX2_4GB_06

キャプチャーソフトを終了せずに、
公式MonsterX ユーティリティーを立ち上げます。
表示の色が正常になりました。

(注意:少しだけ白っぽく明るい映像になってしまう時があるので、
プロファイルを読み直して、再描画させた方が無難です。)


step 7



MonsterX2_4GB_07

公式のMonsterXユーティリティを終了させます。
後は好きなキャプチャーソフトでキャプチャーしてください。


etc



プロファイルを作成したりすると、また映らなくなることがあります。
step 2から再び実行すれば映るようになります。(OS再起動不要です)
もしくは、ビデオデバイスをもう一度選択し直すことで映るようになります。

Monster-X BDA Analog Capture Secondary

Monster-X BDA Analog Captureへ変更する。

Monster-X BDA Analog Capture Secondaryに戻す。


筆者の環境では、hunuaacapとMxCaptureとアマレコTVはキャプチャー出来ました。


あかねキャプチャー編



MonsterX2_4GB_08

あかねキャプチャーver1.29はプレビュー可能なだけで、録画開始しようとすると
「オブジェクト参照がオブジェクトインスタンスに設定されていません」と出て
クラッシュしてしまいます。(ぬるぽ)

などと書いている間にいろいろ試していたら、エラーが発生せずに録画できるようになってしまいました。

AVIのマルチプレクサを一旦hunuaacapにして元に戻したり、空のプロファイルを選択して何もせずにOKを押したり、
空のプロファイルにビデオデバイス【Monster-X BDA Analog Capture】を選択してOKを押しただけなんですが…謎

おかげでもう「オブジェクト参照がオブジェクトインスタンスに設定されていません」のエラーダイアログを
撮影することは不可能になりましたw(OS再起動してもエラーが出ない)


(追記:プロファイルに登録したビデオ・オーディオデバイスが存在しない場合や
指定せずにnoneのままになっていてもこのエラーは出るみたいですね。)


他のソフトでは映るのに、あかねキャプチャーでプレビューが映らなくなった場合の戻し方。



step 1



MonsterX2_4GB_09

再生を停止した状態で、プロファイル登録画面から、空きのプロファイルを選択し、OKを押します。

もしくは
空のプロファイル選択し、デバイス選択でMonster-X BDA Analog Captureを選択してOKを押した後に
再び空のプロファイル選択し、デバイス選択でMonster-X BDA Analog Capture Secondaryを選択してOKを押します。

step 2



MonsterX2_4GB_10


本命のプロファイルが選択された状態で、再生を押します。


step 3



MonsterX2_4GB_11

プレビューが表示されました。録画も出来るようになりました。



一度他のに切り替えて、元に戻すという作業を挟むだけで、うまくいくようですね。





関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > 日記 > Windows7 64bit メモリ4GB超え環境でMonsterX2を使用する。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。