Home > スポンサー広告 > 今度はYouTubeのFLASH再生でBSOD(ブルースクリーン)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > 今度はYouTubeのFLASH再生でBSOD(ブルースクリーン)

Home > ブルースクリーン > 今度はYouTubeのFLASH再生でBSOD(ブルースクリーン)

今度はYouTubeのFLASH再生でBSOD(ブルースクリーン)


ニコニコ動画で動画再生したらブルースクリーン】以降
OSの電源設定を変更し様子見していましたが、
ChromeBetaでYouTubeを閲覧した瞬間に落ちてしまいました。
再生すると必ず落ちるわけでもなく、再現率は5%程度。


発生時の状況の共通項
・Forcewareのバージョンは 266.58
・ChromeBetaのバージョンは9.0.597.xx
・ビルトインFLASH Playerは10.1 r103 (chrome://pluginsで確認)
・FLASH10のハードウェアアクセラレーション機能を有効(デフォルト)
・FLASHを再生した時のみ落ちる
・GPUやCPUに100%の負荷をかけても落ちない
・電源の管理→プロセッサの電源管理→最小のプロセッサの状態[5%→100%]
・電源の管理→PCI Express→リンク状態の電源管理[適切な省電力→オフ]

CPUをBCLK133→200MHz、GPUを772→822MHzで動かしていますが
H264/AVCの動画を同時複数再生しても問題なし。Prime95も8時間安定。
Heaven Benchmarkなどいくつかの重いベンチマークをぶんまわしても問題なし。
x264で長時間エンコードしても問題なし。
メモリテストでもエラーは無し。
定格出力の余裕があるCorsairの電源ユニットを使用していますし、
電源・メモリ・CPU関係は平気だと思うんですけどね…

次は、BIOSからTurboBoostとSpeedStepを無効に設定し
FLASH10のハードウェアアクセラレーションを無効にして
ChromeのFLASHプラグインそのものを無効化、
FLASHの再生をFirefoxだけに任せて様子見してみます。


これで駄目なら、一度定格に戻してみます。




関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > ブルースクリーン > 今度はYouTubeのFLASH再生でBSOD(ブルースクリーン)

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。