Home > 日記 > ATOK2011でキャレット(カーソル)が消える

ATOK2011でキャレット(カーソル)が消える


3/3 追記

3/3付けで、JustSystemからバグフィックスされたモジュールが公開されました。

バグフィックスされた項目の一部
特定のアプリケーション上で、文字入力後カーソルが表示されなくなる現象
・ATOKパレットを表示する設定に変更したとき、特定のアプリケーション上でATOKパレットが表示されない現象

[049722]ATOK定額制サービス アップデートモジュール
[049720]ATOK 2011 for Windows アップデートモジュール




以下、本文です。アップデートすれば解決可能なので3/3以降では不要な操作です。


一部のアプリケーション上でATOK2011の日本語入力モードをONにすると、
キャレット(現在位置を示す点滅する|表示のこと)が消えてしまいます。



ATOK2011_bug1
赤矢印の先のカーソル表示が消える場合があります。
これを解決するには、カーソル下に表示される入力モード表示を変更する必要があります。



ATOK2011_bug2
コントロールパネル→地域と言語→キーボードと言語→キーボードの変更→ATOK2011→プロパティ
もしくは、言語バーのATOKのプロパティを開きます。

『表示』→『カーソル位置に入力モードを表示』の設定が『詳細表示』『簡易表示』に
なっているようであれば変更します。




ATOK2011_bug3
『しない』に変更しました。

※対象のソフトウェアが開きっぱなしになっているなら、
 一度閉じて開き直す必要があります。


少し不便になりますが、カーソルが消えてしまうよりは不便じゃ無いはずなので
同じ現象が起きている方は試してみてはいかがでしょうか。





関連記事
スポンサーサイト



コメント: -

Home > 日記 > ATOK2011でキャレット(カーソル)が消える

Return to page top