Home > スポンサー広告 > PSPLINK 3.0 OE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > PSPLINK 3.0 OE

Home > PSP memo > PSPLINK 3.0 OE

PSPLINK 3.0 OE


The 3rd Birthdayを、PSP-3000+6.20 HEN TN-D上で、aLoader 1.25か
Prometheus ISO Loader v2を経由して動かし、PSPLINK3.0改を起動して
bpset→bpdis→step→exresumeすると30%くらいの確率でエラーが発生。
エラーの種類はFPU EXCEPTION (IUV)か (V)のどちらか。
発生する命令は決まっていて、c.le.s/c.lt.s/c.eq.s/add.s/sub.s/div.s/mul.s
の命令行でNAN。
PSPLINK3.0(forum.ps2dev.orgで拾ったやつ)だとFPU EXCEPTION (Z)が発生。
命令のパターンは変わらず。

6.35 PRO B-3に変更し内蔵M-33 Driverで起動したら状況に少しは
変化が出るかと期待したが結果は同じだった。

Minimalist PSPSDK】から最新版のPSPLINK 3.0 OEを拾ってきて使ってみる。
ver表示は同じだがファイルはハッシュが違う。
同じFPUエラーは吐くものの発生率が遙かに低いようだ。(3~4%程度)
こちらでしばらく様子を見てみよう。
PSPLINK改のbpsetの機能は便利だが、エラーの発生率と天秤にかけると
常用にする気にはなれない。必要なときだけ使うことにしよう。


6.35 PRO B-3に変更したら、6.20 TN-Dでは起動エラーが発生していたDL版PE2が
普通に起動してOPが始まったことにちょっと嬉しくなった。


関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > PSP memo > PSPLINK 3.0 OE

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。