Home > スポンサー広告 > あまりにもバカバカしい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > あまりにもバカバカしい

Home > 日記 > あまりにもバカバカしい

あまりにもバカバカしい

  • Author : もっきゅもきゅ
  • 2011-05-31(Tue)
  • 日記
  • tag:

一応ゲーム/PC関係の日記ブログという立ち位置なので全くジャンル違いの内容を
書くつもりは無かったがあまりにもバカらしいというか腹が立ったので書いた。


朝日新聞2011/05/31朝刊一面より。
「消費増税2~3%ずつ」

消費税は、所得の低い人ほど重いという「逆進性」がある。
低所得者は収入に占める消費の割合が高いからだ。
だが、報告書では、今の所得は低くてもかつて稼いだお金を
資産として蓄えている豊かな高齢者が増えてきているとして
「逆進性の妥当性は徐々に薄れてきている」とした。

菅首相は、昨夏の参院選で低所得者の負担軽減策が必要と
主張
していたが、報告書では、軽減税率を導入すれば、
税率を低くしたときのメリットが高所得者にも及ぶことから、
「逆進性を是正する有効な方策とは言えない」と強調。

「逆進性の妥当性は徐々に薄れてきている」の論拠は例の大竹論文だろう。
大竹文雄・小原美紀 (2005) 「消費税は本当に逆進的か 負担の「公平性」を考える」, 『論座』, 朝日新聞社, pp.44-51.

税金が累進的であるとか逆進的であるという議論をする場合には
一時点の所得を念頭にしていることが多い。
しかし、少子化時代における税負担の公平性を考える際には、
特に生涯所得に対する負担の公平性に気を配る必要がある。~以下略

要は生涯所得で計算した場合、消費税はむしろ累進的だという。

突っ込みどころ満載の説でどこから突っ込めば良いのか…数字も色々おかしいし…
そもそも雇用形態が変化し貯蓄率が下がり、持っている資産の額が減少している
日本の現状と前提とするモデルとが、乖離しすぎている。
現役引退後は豊かな貯蓄を取り崩して生活するとか、生涯収入があるとか、
今日の日本を見たら何を寝ぼけたことを言っているんだとしか言いようが無い。

政府が税制改正の際に引き合いに出すモデルと同様だ。
低所得者モデルで、4人家族で年収4-600万円とか、どこが低所得者だ。

今の非正規労働者の比率を考えたら単身年収200万円程度+貯蓄0円+不動産など
資産無しのモデルが低所得者層として妥当だろうに。

経済学者のサイトでされている議論を読むよりもこちらの方がまともに思える。↓
消費税って平等?不平等?

消費税に逆進性が無いとおっしゃるお偉いさん方には
1年間を200万円で、消費税を15~25%に引き上げた
シミュレーション生活を実際に体験してから発言していただきたい。


関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > 日記 > あまりにもバカバカしい

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。