Home > スポンサー広告 > 豊作だと良いけど体が持たない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > 豊作だと良いけど体が持たない

Home > 日記 > 豊作だと良いけど体が持たない

豊作だと良いけど体が持たない

  • Author : もっきゅもきゅ
  • 2011-06-18(Sat)
  • 日記
  • tag:

韓国産MMOが元気だ



今年~来年にかけて稼働が予定されている韓国製MMOは
アクション性が高くボスの攻略難度が高そうで、どれも面白そう。

『ArcheAge(2012)』と『TERA(2011)』と『Blade&Soul(2011)』
『マビノギ英雄伝(2011)』と『マビノギII(2012)』と『C9(2011)』

TERAが外れだったらマビノギ英雄伝をメインにしようと思ってます。
Blade&SoulはPvPのゲームだからサブでも出来そうかな。
マビノギIIは開発期間が延びそうなのでまだ数に入れていないが
マビノギ無印並に面白ければメインになるかも。
UOみたいに自由度の高そうなArcheAgeも楽しそうだし、三国無双
みたいなC9は無双のようにボタンを叩けば勝てるほど単純では
無いところが面白そうだ。
そういえばDisbloIIIたんはどこいった。


国産MMOは…



翻って、国産ネットゲームで面白いと言えるゲームは何があるんだろう。
自分が過去にプレイしてすぐに思いつくのはFEZとFFXIだけ。
他のはアバターメインのチャラいヌルゲー(そこらのアイデア皆無の量産MMO)とか
過去の名作をMMO化して失敗してみたりとか…(ドルアーガと女神転生のことです)

コンソールだと日本のアクションRPGは面白く高い水準のものがあると
思うけれど、ネットゲームではライトユーザー向けに媚びを売るために
難易度を下げすぎたりアバターがゲームの本質だったり、良いところが
見当たらない。
韓国のネットゲームにも少なからず同じ所はあるけれど、玉石混淆で
面白いゲームが存在するのが違う。国産ネットゲームは石ばかり。

テイルズ



海外で日本製RPGが『アクションAVGであってRPGではない』と揶揄され
たり『J・RPG』と区別される意味をどれだけ開発者が分かっているのだろうか。

国産紙芝居RPGの筆頭と言ったら私的にはテイルズシリーズ。
テイルズなんかSFC版は良作だったのに近作はただの紙芝居。
既にゲームの体をなしていない。
戦闘シーンは単調でバランスも何も無い。スキルはただの演出。
アビスはシナリオがいいだけにもったいない。
『紙芝居ゲームが生まれた意味を知るRPG』とでも改題した方が良い。

ゲームの内容ならそれこそこんなのピピン@マークで再現出来そう。
今の開発者がそういうゲームしかプレイしていないからそういうものしか
思いつかない・作れないのでしょうね。
イベントシーンのアニメが主で戦闘がおまけのつもりで制作しているなら
既にゲームと呼ぶのもおこがましい。
ジャンルは「RPG」ではなく「紙芝居」か「テイルズ」と表記すべきだろう。

紙芝居RPGへの日本人の考え方・評価が変わらない限り、世界で通用する
国産MMORPGなんて作れない気がするわ。


テイルズは日本で三番手()



特別インタビュー Xbox 360「テイルズ オブ ヴェスペリア」後編
郷田努 - Wikipedia
郷田「国内のRPGでいうと、「テイルズオブ」は
3番手くらいに来ていると思います。」

世界にそんなことを発信して恥ずかしいと思わない神経は賞賛に値する。
スクエニの社長のようにゲームを知らないド素人としか思えない。
紙芝居がゲームだと思っているなら世界で通用する日は永遠にやってきそうもない。



関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > 日記 > 豊作だと良いけど体が持たない

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。