Home > ToHeart2 DT > ToHeart2 ダンジョントラベラーズ 解析日誌みたいなの5

ToHeart2 ダンジョントラベラーズ 解析日誌みたいなの5


第六天魔王たん。
敵基本ステータスx倍+敵基本ステータス限界突破コード使用。



たどり着くまでのダンジョンの構造がいやらしすぎる。嫌いじゃ無いですけどね。
この他にも証があると戦えるモンスターがいますね。どこのFFXIですか。

■AGI
基本ステータスのうち、一番影響が大きいのはやはりAGI。
ATKは2000でも耐えられるが、AGIが2000もあると
敵に複数回のターンが回ってくる。AGIだけ除外したコードも作るか?
AGIに該当する2行を消すだけなので1秒もあれば作れる。



■自動鑑定の修正。
ループがきちんと回っていなかった。(回るときもある)

■アイテム袋所持上限修正
アイテム袋の41個目以降がきちんと処理されるためには何カ所か手を入れないと
いけないので40個上限にしておいた。
上限無視入手バグを見積もると45程度にしておかないと危険なのでこれでいいか。

■敵ステータス可視化修正
モンスター全封印時の道具屋イベントを回避するように条件式で挟んだ。



▼協力スキル
協力スキルの内部処理がおおよそ分かったけどアセンブラだと
ワーク版に比べてかなり面倒で、スキル切り替えが一番のネック。


1.敵遭遇時に処理開始。
2.陣形から、人数と、形状をロード。
3.パーティのキャラIDからオフセット合成、クラスをロード。人数分ループ。
4.クラスを比較、人数分ループ。スキルID生成。

5.スキル発動時に処理開始。
6.人数とスキルから、カットイン生成。
7.キャラクター画像ロード。
8.その他処理


問題は3番の処理で、これをアセンブラでやるなら2パターン。
キャラIDを入れるかクラスIDを入れるのどちらか
キャラIDの方が少しだけ楽。
クラスIDだとカットイン時のキャラ画像を読みに行くアドレスも
こちらで用意する必要がある。
(人数分ループを考慮して関数を全部自作する必要がある)

テンポラリに隊列とキャラIDをコピーしてそっちから読ませ、
後で復元する方が楽そう。
どちらの場合でも、遭遇前にパーティ構成が変わってしまう欠点があり
会話イベントが協力スキル用に用意したキャラのものになったり
遭遇時に所持している必要がある一部のスキル(アウェアネス等)の
発動条件を満たせなかったりする。

協力スキル全19種類を打ち分けるには
8(全11)種類のパーティ陣形、3-5人のキャラ組み合わせを
適当に書き込む必要があり、どうやってパッド化するのが問題。
毎回同じスキルで固定するのなら、簡単でいいのだが…
(それこそラッシュザンバーやカツアゲだけならコード1行で出来る)

むぅ。

▼協力スキル発動の注意点
タマ姉が挑発スキルを取得している必要があるかもしれない。





関連記事
スポンサーサイト



コメント: 0

Home > ToHeart2 DT > ToHeart2 ダンジョントラベラーズ 解析日誌みたいなの5

Return to page top