Home > スポンサー広告 > そういえばこの配置で苦労したんだっけとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > そういえばこの配置で苦労したんだっけとか。

Home > DIVA 2nd プレイ日記 > そういえばこの配置で苦労したんだっけとか。

そういえばこの配置で苦労したんだっけとか。

自分が主にプレイする音ゲーはIIDX家庭用。
ゲーセンに行かなくなったのでアーケードは長い間プレイしてない。
「オレの方が下手い」言いつつ、他人のプレイをネットで見るのが楽しい。



IIDX 17 SIRIUS

IIDXはピアノのカッコイイ曲が多いのが嬉しい。


そもそも、PS版のbeatmaniaでスカの曲をプレイするのが楽しくて、
そこからはまってしまった。



ちと古い動画。
StepManiaの手譜面で「こんなの(フルコン)打てねーよ」、と悪態をつくのも好き。



8:22からFREEDOM DiVE
BMSoverjoyを打てる人は人間じゃないと思います。



Evansがかっこよすぎ。
jubeatをやってみたいけど、そもそもゲーセンに行くこと自体がなくなったヽ(´ー`)ノ
DDRみたいにスマートな運指を考えるのが楽しそう。


どの音ゲーもそうですが、やり込む内に手が慣れてきて打てないところが打てるようになります。
それが音ゲーの面白さであるわけですね。
時間が経って振り返ると、どの箇所が難しかったのか自分では分からなくなってしまう。
DIVA 2nd関連のブログ検索してみて、他の人が引っかかっているところを読んでみたり。

『ハト』EX終盤の○○××○○××がきつい、とか
『ミラクルペイント』EXイントロでタイミングが取れず死亡、とか。

beatmania専用コントローラーでプレイするとボタンが押しやすくて難易度が下がると思いますが
PSPのへたったボタンで素早く『タタッタタッ』と親指片手打ちしようとすると『タタッタッ』
あれ?きちんと押したつもりなのに1回ボタン音が少ないわ…ということが自分でもよくあったので
人差し指+中指+交互打ちという今のスタイルになりました。
片手打ちの方が大抵の曲でリズムを取りやすいのは確かなのですが、
交互打ちなら確実に高速で刻むことが出来るので、慣れると片手打ちより楽になります。
PSPで外部コントローラーが使えればいいのにと、しょっちゅう思います(それなんて据え置き機?)

1作目のEasyに多くあった、いやらしく裏拍子を取る譜面が大幅に減ったものの
1作目ではそれほど多くなかった『間奏部分殺し』が2作目では大幅に増加し、
1作目の『金の聖夜霜雪に朽ちて』HARDの間奏クラスの曲がEXTREMEにはゴロゴロ。
長押しなど音ゲーらしい要素が増えて面白くなってきたものの、難易度インフレが起きて
今の音ゲーみたいに敷居が高くなりすぎては、ファンゲームとしては成立しないと思います。

音ゲーの場合、難易度≒面白さなので、難易度を上げずに面白さを成立させるのかは
至難だとは思いますが、もし3作目があるなら、速度をやたら高速化したり、連打譜面にするなどの
方法で難易度を上げずに、操作感を面白くする方向性でお願いします。>セガさん



関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > DIVA 2nd プレイ日記 > そういえばこの配置で苦労したんだっけとか。

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。