Home > スポンサー広告 > MIPS テキストエディタ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > MIPS テキストエディタ

Home > PSP etc > MIPS テキストエディタ

MIPS テキストエディタ

■0
EmEditorが便利だわ的エントリー。


■1
改造コード用のテキストエディタネタを扱おうと思い、テキストエディタを調べるついでに
MIPSのシンタックスハイライター(色分け強調定義)が標準装備されているエディタが
無いか調べてみたがそんなものは無かった。
定義を自分で作るか、他人が作った定義をインポートすれば済むだけの話だが
敷居を下げるためにデフォルトで入っているものがあれば、と思ったが…


■2
MIPSterというMIPS専用エディタが色分け可能で他の機能もちょっと便利そうだが
インストール過程で.NET FrameWork 1.1をインストール許可しないとならず、
1.xxをインストール出来ないWindows7では選択肢にはならなかった。



Downcast Systems - MIPSter

右ペインの機能が気になる。




Green Hills Software - MIPS Development Tools

商用ソフト。見て面白そうだったのでついでに画像を貼ってみただけ。



■3
普通のテキストエディタに強調定義を自前で作成して導入するのが一番か。
海外だとプログラマ用テキストエディタとして定番なのがNotepad++
日本語化バージョンもある。→Notepad++ EUC-JP 対応版
MIPS定義ファイルはOneHitGamerにある→How to add MIPS coloration in Notepad++ | OneHitGamer
OneHitGamerの定義は命令とレジスタの他、型、コメントでグループされており
命令毎に色分けされているわけではないようだ。



■4
自分はEmEdtiorに自前で定義ファイルを作成し表示させています。



PS2disでスペースバーを押して2点間を選択し、Ctrl+T(選択範囲をテキスト保存)。




保存したテキストを無加工で開いたところ。




EmEditorで開く。色分け定義済み。

レジスタ名やアドレス、即値に色がついてないが、レジスタ名は$a0、
即値の場合は0x08800000のように$と0xの接頭語が無いと認識しないようにしてある。
手打ちでプログラムを書いてQTSPimに読ませる場合の打ち間違い対策。
ps2disからエクスポートした場合は間違っているわけないのでこれでいい。




アドレス:マシン語の位置を左に持って行き、不要な空白を削除したいので
EmEdtiro Professinal v11に新規搭載された「連続置換」+正規表現で一気に変換。




変換後。




その他、EmEditorに搭載されている番号挿入が地味に便利。
自前でプログラムを書いたら、アドレスも必要になるがこれを自動で書いてくれる。
その後の整形は箱形選択で切り貼りすればいい。

アウトラインと単語補完機能、そのほかにブックマーク機能もあり
職業プログラマでもなんでもない自分はこれで十分。



なんでEmacsとかVimとかxyzzyとかじゃないの?素人なの?プギャーという方は
優しくスルーしてください。





関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > PSP etc > MIPS テキストエディタ

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。