Home > スポンサー広告 > IntenseDebate - コメントをモデレートする

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > IntenseDebate - コメントをモデレートする

Home > IntenseDebate > IntenseDebate - コメントをモデレートする

IntenseDebate - コメントをモデレートする

多くのコメント管理がそうであるように、IntenseDebateを使用した場合も
届いた新着コメントに対してモデレートすることが作業の大半を占めます。
(Moderate all commentsを設定した場合)

モデレートの実際の画面を紹介します。


コメントが投稿される





コメントが投稿されると、承認待ち表示がなされます。
コメントの中身は承認されるまで表示されません。

「コメントを公開する前に」という表示が出ていますが、本来は英語で
「Your comment must be approved by site admins before it will appear publicly」
という文面のところが途中でぶつぎりになっているため意味不明の文章になっています。


メールnotification





登録したメールアドレスに新着コメント有りを知らせるメールが届きます。
メールに含まれる内容は以下の5つです。

・投稿者の名前
・投稿者のIPアドレス
・投稿された時間
・投稿された記事
・投稿された内容

IntenseDebateのmoderationページへのリンクも記されているので
ブラウザからすぐに飛ぶことが出来るようになっています。



Reply by Email


メールは新着コメントを通知するためだけではありません。
メールでコマンドを打つことで、コメントを付けたり、モデレートを実行することが出来ます。

What is Reply By Email?


メールでレスを付けたり、コマンドを打つ方法

▼1 届いたメールに対して返信ボタンを押します。
   全文が引用されますが気にせずに次に進みます。

▼2 モデレートコマンド(approve deny spam)か
   返信したいコメントを記述します。  

▼3 改行して次の行頭に「!END」(括弧は不要)を書きます。

   書かれた内容のどこかに「!END」が含まれていればいいだけで
   必ずしも行頭である必要はありません。単に見やすくしているだけです。

   メールでシグネチャを使っている場合、「!END」以降の文字をIntenseDebateが
   無視するのでシグネチャを削除する必要がありません。

▼4 コメントを書いた場合には自動でapprove扱いになります。


貴方が返信したい内容
もしくはモデレートコマンド
!END

> 元のメッセージの内容
> うんたらかんたら



モデレート画面





モデレート画面から各種情報を読み取ることが出来ます。

・モデレート待ち件数 … 1件
・投稿者の名前
・投稿者のIPアドレス
・投稿された時間
・投稿された記事
・投稿された内容


取れるアクションは4つです。

・Approve … コメントを承認して表示可能にする
・Spam … コメントをスパム扱いにする
・Delete … コメントを削除する
・Edit … コメントを編集する(スペルミスなどの間違いを訂正する程度で扱いの際は慎重に。)




関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > IntenseDebate > IntenseDebate - コメントをモデレートする

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。