Home > スポンサー広告 > CONCEPTION - 壁透視/オブジェクト関係 改造コード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > CONCEPTION - 壁透視/オブジェクト関係 改造コード

Home > コンセプション > CONCEPTION - 壁透視/オブジェクト関係 改造コード

CONCEPTION - 壁透視/オブジェクト関係 改造コード


通常状態



オブジェクト記憶(敵/泉/ワープゾーン等全て)
+壁透視
+オブジェクト全表示



オブジェクト記憶(敵/泉/ワープゾーン等全て)
+壁透視
+オブジェクト全表示
+背景表示



通路の内部にまで背景の樹木がめり込んだりしますが、
元々配置されていても他の部屋からは表示されない画像を
全て表示している為です。バグでは有りません。



変なコード出来たった。



▼更新履歴
・使用している条件式がダンジョンによっては使えないので
 条件式を変更した。(05/06 18:00)

・ダンジョンの深い階層(14/15Fあたり)で表示対象が多い場合に
 フリーズする可能性があるので対象を選択式にした。(05/07 06:00)



コードはTempAR/PSPAR専用です。
コード表記については↓を参考にして下さい。

フォトカノ - コード表記について - God is in the details



_C0 --- Transparency --------------
_M 0xCF000002 0x00000009
_C0 +++ Wall Hack +++++++++++++++++
_M 0xCF000002 0x00000001
_C0 @ Wall START
_M 0x088EFE5C 0x14400002
_M 0x9A000000 0xFFF70008
_M 0x68C90540 0x00000000
_M 0x58C91930 0x00000000
_M 0x58C87D20 0x00000001
_M 0x088EFE5C 0x13E00002
_M 0xD2000000 0x00000000
_C0 +++ Object Hack Base ++++++++++
_M 0xCF000000 0x00000002
_C0 @ Base
_M 0xE8801300 0x00000048
_M 0x3C01088F 0x342112E0
_M 0x143F0003 0x2EA10040
_M 0x54200001 0x3042FDFF
_M 0x0A2983C0 0xAE02002C
_M 0x3C01088D 0x342148A0
_M 0x503FFFFB 0x3042FDFF
_M 0x3C010891 0x34213278
_M 0x503FFFF7 0x3042FDFF
_M 0x0A2983C0 0xAE02002C
_C0 @ ORG
_M 0x08A60EF8 0x34420200
_M 0x08A60EFC 0xAE02002C
_C0 +++ Object Hack Control +++++++
_M 0xCF000000 0x00000003
_C0 @ R Trigger Building
_M 0x08A60EF8 0x34420200
_M 0x08A60EFC 0xAE02002C
_M 0x68C90540 0x00000000
_M 0x58C91930 0x00000000
_M 0x58C87D20 0x00000001
_M 0x9A000000 0xFDFF0200
_M 0x08A60EF8 0x0A2004C0
_M 0x08A60EFC 0x34420200
_M 0xD2000000 0x00000000
_C0 @ R Trigger except Building
_M 0x08A60EF8 0x34420200
_M 0x08A60EFC 0xAE02002C
_M 0x68C90540 0x00000000
_M 0x58C91930 0x00000000
_M 0x58C87D20 0x00000001
_M 0x9A000000 0xFDFF0200
_M 0x08A60EF8 0x0A2004C8
_M 0x08A60EFC 0x34420200
_M 0xD2000000 0x00000000
_C0 @ R+()=Enemy R+><=Building
_M 0x08A60EF8 0x34420200
_M 0x08A60EFC 0xAE02002C
_M 0x68C90540 0x00000000
_M 0x58C91930 0x00000000
_M 0x58C87D20 0x00000001
_M 0x9A000000 0xDDFF2200
_M 0x08A60EF8 0x0A2004C8
_M 0x08A60EFC 0x34420200
_M 0xD0000000 0x00000000
_M 0x9A000000 0xBDFF4200
_M 0x08A60EF8 0x0A2004C0
_M 0x08A60EFC 0x34420200
_M 0xD2000000 0x00000000

説明


■『Wall』の効果
・STARTボタンを押している間、壁を透視します。
・戦闘時無効処理。
・単独で動作します。



■『Object Hack Base』
・オブジェクト表示操作用必須コードです。
・後続のコードと組み合わせて使用します。
・赤字部分で建物の表示数を調節可能です…が、
 ダンジョンによっては44程度からフリーズします。
 減らすことはあっても増やすことはないでしょう。



■『R Trigger Building』の効果
・オブジェクトの表示を操作します。
・対象は[建物]のみです。
・Rトリガーを押すと他の部屋の対象を全て表示します。
・戦闘時無効処理。

・非常に処理が重いです。



■『R Trigger except Building』の効果
・オブジェクトの表示を操作します。
・対象は、[敵][宝箱][泉][ポータル][トラップ]です。
・Rトリガーを押すと他の部屋の対象を全て表示します。
・戦闘時無効処理。

・『R Trigger except Building』を利用するには下記の手順を踏む必要があります。



▼手順
1 Rトリガーを押しながら、どこでもいいので部屋のドアを通過する
2 『Wall』コードをONにしてSTARTボタンを押しつつ、Rトリガーを押すと
  他の部屋を含め、全てのオブジェクトを表示します
3 再度部屋のドアを通過する際Rトリガーを押していないと
  記憶している表示状態を全て忘れます。



■『R+()=Enemy R+><=Building』の効果
・上記のコードのハイブリッド版です。
 Rトリガー+○ボタンで『R Trigger except Building』の効果
 Rトリガー+×ボタンで『R Trigger Building』の効果



■注意点
・「R Trigger except Building」だけならフリーズしません。
・「R Trigger Building」は表示数が多いとフリーズする可能性があります。

・「R Trigger except Building」でオブジェクトを記憶した状態で
 「R Trigger Building」を使用するとフリーズします。

・「R Trigger except Building」でオブジェクトを記憶した後に
  Rトリガーを押さずにドアを通過して記憶状態を解除すると
 「R Trigger Building」を使用してもフリーズしません。






関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > コンセプション > CONCEPTION - 壁透視/オブジェクト関係 改造コード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。