Home > スポンサー広告 > AutoPager と AutoPagerize と AutoPatchWork

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント: -

Home > スポンサー広告 > AutoPager と AutoPagerize と AutoPatchWork

Home > AutoPager > AutoPager と AutoPagerize と AutoPatchWork

AutoPager と AutoPagerize と AutoPatchWork

少し前までFirefoxではグリモン+AutoPagerize派だったのですが
最近になってAutoPagerを『併用』し始めました。
(ChromeではAutoPatchwork派です。)

ネットで調べたAutoPagerの評判よりもだいぶ感触が良く
簡単に定義が追加出来るので気に入ってます。

3つともページ先読み機能は一見同じように見えますが、若干だけ違いがあります。
ではどうやって使い分けるのかと。
AutoPagerize(Firefox)かAutoPatchWork(Chrome)のどちらかを使えば
日本のメジャーなサイトは概ねカバー出来ますから
AutoPagerと使い分けるシーンはあまり無いように見えますが
拡張スキーとしては、3つとも使った上で比較してから常用する拡張を決めたい。
ということで簡単な比較記事を書いてみました。

類似の情報は既にいくらでも存在しています。
目新しい情報はありませんよーヽ(´ー`)ノ(check*pad風に)

比較拡張リスト


AutoPagerize Firefox Greasemonkey版
AutoPagerize Firefox アドオン版

AutoPager Firefox版
AutoPager Chrome版

AutoPatchWork Chrome版

AutoPager


作者はWind Liさん。URLは【 teesoft, make software to a tee
長所

海外のサイトに強い。データベースサイトはteesoft。データ形式はXML。
自分で定義追加が簡単に出来る。サイトウィザードが高機能。(Firefox版のみ)
負荷が低い。
短所

日本のサイトはルールが存在しても情報が古く、動かない場合が多い。
他のスクリプトと連携できない。
バックグラウンドのタブは先読みしない。たくさん開く場合は長所にも短所にもなる。

過去のバージョンでは画像の読み込みが完全に終わってから先読み処理に入る為
かなり処理が遅かったらしい。
現在は画像読み込みを待たないので、速度が向上している。

AutoPagerize


作者はswdyhさん。URLは【AutoPagerize
長所

AutoPagerとは逆で、日本のサイトに強い。データベースサイトはwedata。データ形式はJSON。
バックグラウンドのタブも先読みできる。
他のスクリプトと連携できる。(Greasemonkey版)
読み込みが速い。(アドオン版)
相対パスでリンクが書かれている場合に、ベースURLを最初に開いたページと勘違いしない。
(Firefox Greasemonkey & アドオン版)

短所

動作に引っかかる感じがある。負荷が高い。(Greasemonkey版)
Greasemonkeyを使っている以上そうなるらしい。

AutoPatchWork


作者はos0xさん。URLは【Chrome Extentions by os0x
長所

日本のサイトに強い。データベースサイトはwedata。データ形式はJSON。
メモリ使用量が少なく、負荷が低い。
設定画面が分かりやすく、簡単に変更出来る。
Stylesから簡単に区切りCSSを編集出来る。
base remain heightから簡単に継ぎ足しタイミングを変更出来る。
拡張Chrome Keyconfigと連携できる。

短所

特になし。

参考URL


■ digital千里眼 - AutoPager と AutoPagerize どちらを使えばいい? (リンク)
■ 0xFF - AutoPagerizeを軽量化するアイデア (リンク)



関連記事
スポンサーサイト

コメント: -

Home > AutoPager > AutoPager と AutoPagerize と AutoPatchWork

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。